利用実績40,000件超!ホームインスペクション(住宅診断)業界No.1のさくら事務所ホームインスペクション本部

さくら事務所ホームインスペクション本部(住宅診断・住宅検査)

ホームインスペクション現場実例集・現場同行記

中古住宅に水漏れ 大丈夫か?

2014-01-24

築25年の小ぶりな木造物件。外観はリフォームされてとてもすっきりとしており、埼玉郊外にあるこの物件は価格もリーズナブルであること、買い手からの引き合いが多いようです。

さくら事務所のホームインスペクター(住宅診断士)が現地を訪れると。建物は比較低安定しており、リフォームも一通り終えているため、なかなか良好なコンディションの物件です。こういう時私たちが気にするのは、【構造】と、雨漏り、水漏れなどの【水関係】です。

この物件は、構造についてはおおむね問題ないようです。次に水関係を確認します。浴室は在来形式となっており、建物の柱や土台の上に防水を施して、その上からモルタルを塗りさらにタイルの仕上げをしている仕様になっていようです。

この施工方法の場合、防水が切れていても表面から発見しにくく、解体をすると木部が腐食しているケースが多く見受けられます。本物件も例に漏れずその可能性があり、状態が悪い場合は柱や土台が腐食している可能性も。ということで床下を除いてみると↓↓↓

o0320024010750793134

案の定、水漏れの痕跡がありました。ただしこれはまだ軽症。この段階なら治すのにもそんなにお金はかかりません。

次にこちらをご覧ください↓↓↓

o0320024010750793133

1 階と2階の間。やはり配管から水漏れがしています。でもこれもまだ大丈夫。配管の接続部分をやり直すだけです。Yさんは、購入後に建物にかかる費用をおお よそ把握したうえで、その後この物件を購入したようです。ホームインスペクターは「買え」とか「買うな」など判断はしません。それはあくまで購入者が行う ことで、そのための判断材料を提供するというスタンスです。
Pocket

戻る