利用実績40,000件超!ホームインスペクション(住宅診断)業界No.1のさくら事務所ホームインスペクション本部

さくら事務所ホームインスペクション本部(住宅診断・住宅検査)

安心住まいのためのお役立ちガイド

[リフォーム・リノベーション チェックポイント]
中古を買ってリノベーションのポイント 一戸建て【室内】編

2017-06-03

中古住宅を購入し、自分の暮らし方に合わせリノベーション・リフォームする方が増えています。言うまでもないことですが、中古住宅は建てられた年代や構造、施工品質や所有者による暮らし方、メンテナンスなどによって、そのコンディション(状態)は千差万別。


気に入った物件を見つけたら、まずは見に行ってみましょう。その時は、建物のチェックを忘れずに!


そこで今回は、中古一戸建てのリノベーションに向けてのチェックポイントをご紹介します。


ポイント① 部屋の天井や壁の雨染み


0802-2


天井や壁をチェックして雨漏り跡がないかみてみましょう。天井に雨染みがあった場合は、その天井裏の様子もみておくことも必要です。また、過去の修繕履歴をみたり、雨が降るたびに雨染みが発生しているのか確認をしたほうがいいかもしれません。


ポイント② 家の床は素足で確認


0802-1


一戸建て住宅では、木材の乾燥や収縮によって、床や壁・天井の一部に傾きが生じることがあります。スリッパなどははかずに素足で床を歩くことで、傾きに気づくこともあります。気になるようでしたら専門家に依頼すると、オートレーザーで傾きを測定することもできます。


ポイント③ 水まわりの確認


0802-4


キッチンや洗面台・トイレなどの蛇口からしっかり水が流せて、流した水が漏れることなく排水されているかどうかチェックしましょう。水を流すときは全開にしたり止めたりしながら、水栓やホースの根本部分から水漏れがないかどうか調べます。排水に時間がかかるようなときは、排水管にゴミが詰まっていたり、排水管の勾配が適切でない場合も考えられます。


ポイント④ 床下や屋根裏の確認


0802-3


売主さんに許可を得て、床下や屋根裏の点検口を開けて確認をしてみましょう。床下の場合は、配管された給排水管からの水漏れや、雨水などによる水たまり、大量の水分を含んで木の部分に変色がないかなど、できるだけ広い範囲をチェックすることが大切です。屋根裏でも断熱材が適正に入っているかなどを確認しましょう。デジカメなどを持参して撮影するのも良いでしょう。


次回は、外周編をお送りします。

Pocket

戻る